『盤石な資産を持つ』これこそがいつの時代も成功する方法だ!

どぉ~もぉ~!みずきです。

 

今日は、どんな時代でも

たとえ100年後でも成功し続けるための

重要なマインドについて解説していきます。

 

今の時代、デジタルの時代になって

情報量が圧倒的に増えました。

 

結果的に、個人で取り組めるビジネス

その幅が圧倒的に増えました。

 

SNSでのマネタイズにしても

その多様性は、時間が経つにつれて

多くなってきています。

 

コンテンツビジネスをする。といっても

さまざまなやり方があったりします。

 

だから、情報過多だからこそ

初心者は何をすればいいか?が全く分からず

 

情報に振り回されている状態の人が

非常に多いんじゃないかなと思います。

 

でも、本質的にやる事は変わりません。

 

今も3年後も、100年後だって変わらない。

ライバルが増えようが、競争過多になろうが

本質は変わることが無いです。

 

やる事は・・・

『ひたすら資産を積み上げていく』

事です。

 

今回は、

『ひたすら資産を積み上げていく』

ことの重要性について語ります。

 

何をすればいいか?分からないという人は

最後まで読んでいって、最短ルートで成功を

掴み、自由人になってやりましょう!

 

100年前、100年後も自由人になるには資産を作れ!

 

今の時代は、個人でのビジネスが

多種多様で、参入しやすいです。

 

しかし、結局のところ

成功し自由人になる為には、

資産を積み上げるしかありません。

 

よく聞きますよね。

『初月で100万!』とか、

『数か月で1000万の利益!』とかっていうのは、

内実は、資産ではなく『フロー』でしかありません。

 

流れてしまうのです、労働です。

資産ではありません。

 

つまり、短期間でガツン!と稼いでも、

その後も永遠に労働しないと、オワコン。

収入を得ることが出来ません。

 

ひたすらに、労働です。

自由人には絶対になれません。

 

だからこそ、今までに

いろんなものをリサーチで見ましたが、、、

 

やはり『個人』が成功する為には、

いつの時代でも、100年前でも100年後でも。

『資産を作る』しかないんです。

 

『資産』っていうのは、具体的に

ブログ、YOUTUBE、メルマガの事です。

  

しかし・・・

 

ブログ、YOUTUBEも結果が出るまでじわじわ、

ある点を越えたらガツンと結果が出ます。

 

そういった、背景から、

目先のお金しか見れない人たちは、

すぐに結果だけ出るような

『フロー型ビジネス』をやってしまうんです。

 

それは、安定性に欠けます。

 

大体、そうやって

『フロー型』を選んでしまう人は、

長期的な思考が出来ず、ビジネスに向いてませんし

ビジネスの勉強不足です。

 

『長期的ビジネス』しか、僕はしてません。

 

過去に、短期的ビジネス。

転売で痛い目にあった景観がありますからね・・・・

 

  

10年後も価値を生む。本物の資産になるコンテンツの作り方

 

何故、僕がいつも口酸っぱく

ブログ、YOUTUBE、メルマガなどの資産になる

メディアづくりに集中すべきだ!

 

と言っているか

 

それは、作るほど『自動で信頼が溜まる』

コンテンツが増えていくからです。

 

これって、超やばいことで

ビジネスで最も難しいのは

『信頼を貯める』ことなんです。

 

例えば、今日あった人を

無条件に信頼とかしないですよね?

 

もし、今日あったばかりの人に

『この商品買ってよ!』といっても、

絶対に買いませんよね?

 

その人のことを信頼していて、

コンテンツで価値があると感じてくれれば、

 

この人が言ってるから

間違えない!と思ってくれるんです。

コンテンツにより、信頼が溜まっていくんです。

 

しかし、『信頼を貯める』を

1人1人にやっていると、労働地獄になります。

 

でも、こうやってブログを書けば、

1年後でも、アクセスしてもらえます。

 

しかも、自動で、

ブログの価値を届けられる。

 

自分のメッセージを

自動で、何度でも、強力に伝える事が可能。

 

そして、そういったコンテンツが

10、100、と溜まっていけば・・・

 

ハイ、信頼自動生成装置が出来ます。

 

つまり、ブログという装置に

1アクセスでも呼ぶことが出来れば、

一気にファンになってもらう事が出来ます。

 

しかも、ブログは寝てても

視聴者に見てもらえるので、自動です。

 

これって超絶ラクなんですよね。

 

1万アクセスはむずいですよ?

でも、数アクセスぐらいならだれでもできます。

 

そうやって最低限のアクセスを集め、

自分が作ったコンテンツを見てもらい

濃いファンへと変換されていきます。

 

SNSでツイート合戦とか、

顧客の奪い合いとか、

不毛な戦い、労働をしなくて済みます。

 

目立つため、アクセスを超集めるコンテンツを

投下する必要はありません。

 

『資産』のメリットとは、ここにあります。

 

集客目的でなくてもOK。

 

というか、今に時代は、

集客目的でSNSをやると

確実にじり貧ですよ。

 

なぜなら、競争過多で

アクセスを集めるのが高難易度です。

 

SEO記事を書いて、投下しても

Googleの検索上に表示させるのは超難しい。

 

さらに、SEO記事は

ファンを作れません。

 

記事にファンはついても、

あなたのファンにはならないからです。

 

だからこそ、

『ファンを作る』『価値提供』『共感』

に重点を置いたコンテンツを作る。

 

これこそが、『資産になる』

本物のコンテンツになります。

 

『ファンを作る』『価値提供』『共感』

この3つを満たすコンテンツのみ資産になります。

 

あらこそ、資産を作る際に

是非とも意識してください。 

 

①少ないアクセスを集める

②ファン・価値提供・共感のコンテンツを見てもらう

③ファンになってもらう

 

このイメージで、資産を積み上げましょう。

集客合戦など、時代遅れの手法ですからね。

  

資産は1日にしてならず、そして誰もしない。だからこそ着実に溜まって収益を生む。

 

最後に、重要なマインドを

『資産は一朝一夕ではできない』

 

今日ブログを書いたから

その瞬間い確実に収益が出る訳ではない。

 

そして2記事でも、

収益はまず出ません。

  

でも、積み重ねて

1つ、1つ着実にし資産を作り

着実に信頼を生む装置は大きくなります。

 

だからぜひ、毎日資産を作るごとに

『これが後に数十万になる』実感をもって

ビジネスをやって欲しいと思います。

 

何度も言いますが、

『ファン化する』『価値提供』『共感』

この軸に沿ってコンテンツを作れば、

 

次第にファンが生まれていき、

商品を出すだけで、秒で売れるようになります。

 

やって資産を作るほど、

後ラクになっていくので、

 

未来の自由人な自分のために、

今から作っていきましょう

 

では、今回はこの辺で。

またお会いしましょう。 

 

 

1000円の電子書籍が、無料で読めます


現在21歳で個人で、
マーケティング事業をやってます。

来年には、合同会社を設立を予定。
さらなる躍進を目指いし奮闘中です。

才能なし、知識なし、コネなし、ダメ人間。
Fラン大学に通う私がビジネスに出会い変わる。

ビジネスで月50を突破する。

ビジネスを勉強する中で、
仕組み(自動化)を作る方法や、
思考を上達し稼ぐ具体的な方法、
効率よく生産性を高める方法、
価値ある資産を作る方法、
SNSとブログを掛け合わせ、自動で稼ぐ方法
etc・・・

学校では教えてくれないことを、
自分で学ぶことでようやく知れました。

これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は決めれなくても
しっかりと勉強し行動していければ、
誰であろうと、自由な人生を得れると確信しました。

そういった、『自由人』を1人でも多く
この日本で作っていきたい。
そうして、希少価値を高めた個人が増えて、
より素晴らしい世の中になる仕事をしたい!

という理念で情報を発信してます。

こういって理念から、
ダメな僕がどうやって0から
月50万以上稼ぐ起業家になったのか?
どんなことを学んだのか?をまとめた
一冊の書籍を作りました。

『ビジネス初心者の教科書』になれば、
著者として嬉しいです。

15分程度でサクッと読み切れます。

書籍『自由への挑戦』は、
下の画像をクリックすればフォームが出て
メールアドレスを入力してもらえれば、
20秒以内に受け取れます。

ここまで読んでいただき、
本当にありがとうございました。

 

☟ポチっとお願いします。

ネットビジネスランキング 

 

ブログランキング参加中です。

記事が面白いと思ったら応援クリックお願いします!

ポチっとお願いします!

1 個のコメント

  • はじめまして。『ファンを作る』『価値提供』『共感』に重点を置いたコンテンツを作る、というところが勉強になりました。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です