ライティングに写生は必要か?

『コピーライティングの上達には写生が必須だ!』『いやいや、そんな必要はない。時間のムダだ!』

 

このように、『コピーライティング』上達において写生に関しての意見は分かれていますが、僕自身んは写生については否定派です。ただ、写生が全く役に立たないか?とい言わればそうではないと答えます。

 

そこで今回は『コピーライティング』上達に写生が不要な理由と、写生の効果について解説していきます。

 

写生とは

   

写生とは元は『お経を書き写すこと』です。『コピーライティング』においては、『売れている文章(セールスレターなど)を書き写す』という意味でつかわれます。

 

一字一句同じように書き写すことで、売れてる文章を頭に叩き込みながら、書き手の意図や構想をくみ取れるようになるから『コピーライティング』が上達する。

 

と、一般的にはこのように言われています。

 

コピーライティングが写生で上達しない理由

 

『コピーライティング』の上達目的での写生は全くオススメしません。

 

既に『コピーライティング』の知識が十分にあり、
セールスレターの分析能力があるのなら、

 

①売れてるレターを徹底して分析する

②分析後、自分なりに添削をしてみる

③気づきや、自分のアイディアを取り入れてレターを書く

 

これを繰り返した方が短期間で売れる文章が書けるようになります。

 

そもそも『コピーライティング』に対する知識がないのならば、写生は全くの時間のムダといえます。

 

理由は以下の通りです。

 

そもそもセールスレターの良しあしが分からない

 

よく『売れているセールスレターを写生する』といわれていますが、『コピーライティング』の知識がなければそもそもセールスレターの良しあしの判断はできないです。

 

『売れている商品=いいセールスレター』というわけではなく、マーケティングやブランディング、広告などの、様々な影響がありますからね。

 

写生の題材が悪かったなんてこともありますしね。

 

そもそもセールスレターを分析できない

 

セールスレターには『QUEST』『PASONA』などの型があって、一般的には型にはめて進んでいきます。

 

また、ヘッダーや価格の見せ方、ストーリーの内容や挿入の工夫なども考えられていることが多いです。

 

そのようなセールスレター作者の意図を理解し分析出ればよいのですが、分析するための知識が欠如していると分析がそもそもできずに、無意味です。

 

『コピーライティング』の知識がない人が、がむしゃらに努力して写生しても、時間が無駄になるだけだと言えるでしょう。

 

セールスレターの背景が見えない

 

成約率の高いセールスレターは入念な『リサーチ』『リサーチ』『リサーチ』を元に作られています。大切なので3回言いました。しかし、写生ではその背景が見えてきません。

 

使われている単語や構成などはターゲットに適したものを選択されていますが、写生はその背景を無視して『完成品』だけを書き写す作業になります。

 

それでは、セールスレターの本質・核の部分を学び、身に付けるのは不可能でしょう。

 

時間がかかりすぎ要る

 

写生は何万文字も書き出す作業になりますが、一字一句間違わずにそんなことをすれば多大な時間を費やすことになります。

 

その時間に見合った成果や効果があればいいですが、それほどの時間をかけるならば、『コピーライティング』の基礎知識をサクッと学んで、

 

①売れてるレターを徹底して分析する

②分析後、自分なりに添削をしてみる

③気づきや、自分のアイディアを取り入れてレターを書く

 

この手順に沿ってインプットとアウトプットをバランスよく、高速で回す方が『コピーライティング』のスキルが、短期間・実践レベルで身についてきます。

 

写生で見につくスキルって?

 

ここまで写生のデメリットばかりをお伝えしてきましたが、『コピーライティング』の上達において非効率といっているだけで、写生自体は文章力を上達させるトレーニングに適してます。

 

写生で学ぶべきは、『コピーライティング』ではなく、『ライティングスキル』です。

 

こちらの記事で、伝わる文章の書き方をお話ししました。

 

上記の記事で『言葉遣い』『リズム』について解説してますが、写生をすることで、このような『ライティングスキル』を上達させることはできます。

 

ですので、

 

★ライティングが苦手

★文章力に自信がない

 

という方は、最初に時間をかけて写生してみることをオススメします。

 

まとめ

 

写生について話しましたが、まとめると

 

①『コピーライティング』の上達に写生は非効率的

②『ライティング』の上達には効果的

 

というのが僕の意見です。

 

1000円の電子書籍が、無料で読めます


現在21歳で個人で、
マーケティング事業をやってます。

来年には、合同会社を設立を予定。
さらなる躍進を目指いし奮闘中です。

才能なし、知識なし、コネなし、ダメ人間。
Fラン大学に通う私がビジネスに出会い変わる。

ビジネスで月50を突破する。

ビジネスを勉強する中で、
仕組み(自動化)を作る方法や、
思考を上達し稼ぐ具体的な方法、
効率よく生産性を高める方法、
価値ある資産を作る方法、
SNSとブログを掛け合わせ、自動で稼ぐ方法
etc・・・

学校では教えてくれないことを、
自分で学ぶことでようやく知れました。

これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は決めれなくても
しっかりと勉強し行動していければ、
誰であろうと、自由な人生を得れると確信しました。

そういった、『自由人』を1人でも多く
この日本で作っていきたい。
そうして、希少価値を高めた個人が増えて、
より素晴らしい世の中になる仕事をしたい!

という理念で情報を発信してます。

こういって理念から、
ダメな僕がどうやって0から
月50万以上稼ぐ起業家になったのか?
どんなことを学んだのか?をまとめた
一冊の書籍を作りました。

『ビジネス初心者の教科書』になれば、
著者として嬉しいです。

15分程度でサクッと読み切れます。

書籍『自由への挑戦』は、
下の画像をクリックすればフォームが出て
メールアドレスを入力してもらえれば、
20秒以内に受け取れます。

ここまで読んでいただき、
本当にありがとうございました。

 

☟ポチっとお願いします。

 

ネットビジネスランキング

 

ブログランキング参加中です。

記事が面白いと思ったら応援クリックお願いします!