相手に伝わるライティングのコツを解説!

インターネットで稼ぐ為には、『ライティング』のスキルが欠かせません。

 

ブログやメルマガ、電子書籍やSNSなどはすべて文章コンテンツです。 動画のシナリオも通常は、文章で構成を考えます。商品を販売する際には『コピーライティング』のスキルも、必須となってきます。

 

そこで、今回は『ライティング』初心者の方向けに、相手に伝わる『ライティング』のコツを解説します。

 

では、さっそく行ってみましょう!

 

テーマを決める

文章を書き始める前に、まずはテーマを決めないといけません。テーマが決まっていなければ、文章で伝えたい内容がぶれてしまって、相手に上手く伝えることはできません。

 

そもそも、テーマがなければ何を書いていいかすら分かりません。

 

そこでまずはテーマを1つに絞って、そのテーマをいつでも確認できるように紙に書き出してください。ちなみにこの記事のテーマは『ライティングの解説』になります。

 

読み手を設定する

テーマを1つに絞ったら、次は『誰に対して文章を書くか?』を決めましょう。読み手を想定しないと、中途半端になってしまい誰にも響かない文章になります。

 

読み手を設定することで、伝える人が明確になり、書き手にとっても『ライティング』がはかどるメリットがあります。

 

読み手のプロフィールをざっくり決めて、ラブレターのように書くのがコツです。

 

本記事は『ネットビジネスをしていてライティングスキルに興味がある人』を想定して、読んでよかったと思ってもらえる様に書いています。

 

目次を決める

まだ文章を書き始めるのはダメです。先に全体の構成を練る。箇条書きでいいので目次的なモノを作っておきましょう。

 

先にシナリオの全体像を完成させることで、行き当たりばったりに話が飛ぶことが無くなります。『途中で何を書いてたか分からなくなって、書き直す』なんてタイムロスが無くなります。

 

着地点に向かって一直線に文章を書けるようになるので、時間をかけてしっかりと構成を練ってみてください。

   

僕のおすすめとしては、Xマインドで作ることを推奨します。パソコンのみで完結しますし、何より動画コンテンツを作るときに流用できるからです。

 

文章を書く

目次や文章構成が出来れば、すでに書く内容が明確になっているので、それにそって文章を書いていきます。

 

文章を書くときは、細かい文法とか言い回しは気にせず、一気に思うままに書いていきましょう。

 

『もっといい表現を・・・』『変じゃないかな?』などと悩んで手を止める必要はないです。構成がまとまっているんですから、頭の中を勢いのままに書いていってください。

 

長編を書く場合は、章ごとに区切って1章ずつ仕上げていくのもいいでしょう。集中できるやり方を確立してみてください。

 

文章をチェックする

『ライティング』作業を終えれば、できた文章をチェックします。書き終えたばかりの時は、ハイテンションになりがちなので、少し時間を空けて冷静な頭で、読者視点で読んでみましょう。

 

最低限チェックしたい項目が、5つあるので、1つずつ解説していきます。

 

言葉遣い・言い回し

 

言葉選びが適切か?をチェックします。

 

★読み手に伝わらないような、専門用語を使っていないか?

★漢字やカタカナ、ひらがななど文全体のバランスは良いか?

★誤字脱字は無いか?

★単語を正しく使っているか?

★回りくどくなっていないか?

★読者視点でわかりやすいか?

 

このようなポイントをチェックするとよいでしょう。

 

『読み手に取って適切で、伝わりやすい文章か?』を意識することが重要です。

 

代名詞の使い方

 

『それ』『あれ』『これ』などの代名詞が多用されてしまうと、読み手は文章を読むのに集中できなくなってしまいますし、伝わりづらい文章になります。書き手には伝わると思えても、読み手からすると伝わってこないという事が多いです。

 

『”あれ”って何のこと?』など、読み手に考えさせる文章は拒否されるので、使い方に注意してください。

 

もちろん、考えずになおかつ、伝わりやすい文章であれば問題ありません。

 

文末

 

同じ文末が連続して使われると、文章が稚拙で、リズムが悪くなります。

 

~悪い文章の例~

 

稼ぐ為にライティングが必要です。なのであなたもライティングを学ぶ必要があるんです。だから、あなたもライティングを学ぶべきです。

 

上の例では『です』が三回も続いています。お世辞にもいい文章とは言えませんよね?文末はなるべく書くときに意識しておきましょう。ちなみに、一気に書き終えてから、文末だけを変更することもあります。

 

文章のリズム

 

言葉で説明が難しい部分ですが、読みやすいテンポのいい文章はリズムがいい傾向があります。

 

先ほどの例だったら、

 

~悪い文章の例~

 

稼ぐ為にライティングが必要です。なのであなたもライティングを学ぶ必要があるんです。だから、あなたもライティングを学ぶべきです。

 

同じリズムの文章が連続してるため、バランスが悪いですよね?

 

短い文章の次は長めの文章にしたり、1行が続くなら、つなげて2行の分量にしたりと、リズムを意識することで、非常に読みやすくなります。

 

文章のリズムチェックするには、

 

★声に出して読む

★全体のレイアウトを俯瞰的に見る

 

このようにチェックする習慣を身に付けましょう。

 

見た目・デザイン

 

先ほど、っ開業や文章の長さに触れましたが、そのような見た目の全体のデザインをチェックしましょう。ブログなら強調したい部分を色変更したり、画像で視覚的にわかりやすくしたり、ビジュアルでわかるようにしていきましょう。文全体をパッと見て、読み手の頭にすっと入るデザインになるように工夫していきましょう。何事も見た目が9割です。

 

上記のように、文字のカタマリみたいなレイアウトが延々と続けば、読み手はそれだけでページを閉じるので気を付けてください。

 

公開する形で見る

 

文字が完成したら、PDF・メール・ブログなど公開する形で確認しましょう。wordpressならプレヴュー、公開した後にスマホでもチェックし手置きましょう。

 

これは、書いた後に見てみると、レイアウトが崩壊していることがままあるので、絶対にやった方がいいです。

 

まとめ

 

相手に伝わる『ライティング』のコツを解説してみました、いかがでしたか?

 

『ライティング』の上達=テクニックというイメージが強いですが、テーマや構成、ターゲットを決めるなど基本を押さえていなければ、テクニックがあれど、無駄になってしまいます。

 

テクニック以上に即効性があるコツなので、ぜひ明日から実践してみて下さい。

 

1000円の電子書籍が、無料で読めます


現在21歳で個人で、
マーケティング事業をやってます。

来年には、合同会社を設立を予定。
さらなる躍進を目指いし奮闘中です。

才能なし、知識なし、コネなし、ダメ人間。
Fラン大学に通う私がビジネスに出会い変わる。

ビジネスで月50を突破する。

ビジネスを勉強する中で、
仕組み(自動化)を作る方法や、
思考を上達し稼ぐ具体的な方法、
効率よく生産性を高める方法、
価値ある資産を作る方法、
SNSとブログを掛け合わせ、自動で稼ぐ方法
etc・・・

学校では教えてくれないことを、
自分で学ぶことでようやく知れました。

これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は決めれなくても
しっかりと勉強し行動していければ、
誰であろうと、自由な人生を得れると確信しました。

そういった、『自由人』を1人でも多く
この日本で作っていきたい。
そうして、希少価値を高めた個人が増えて、
より素晴らしい世の中になる仕事をしたい!

という理念で情報を発信してます。

こういって理念から、
ダメな僕がどうやって0から
月50万以上稼ぐ起業家になったのか?
どんなことを学んだのか?をまとめた
一冊の書籍を作りました。

『ビジネス初心者の教科書』になれば、
著者として嬉しいです。

15分程度でサクッと読み切れます。

書籍『自由への挑戦』は、
下の画像をクリックすればフォームが出て
メールアドレスを入力してもらえれば、
20秒以内に受け取れます。

ここまで読んでいただき、
本当にありがとうございました。

 

☟ポチっとお願いします。

ネットビジネスランキング

 

ブログランキング参加中です。

記事が面白いと思ったら応援クリックお願いします!